安眠を促すアイマスクの効果

アイマスクは、どちらかというと旅行で取り扱う事が多いかと思います。
飛行機の中や新幹線の中とか、回りを暗く出来ないまま使いますよね。
ですが、普段寝入る時にも着けると、一心に眠れない人にとっては良いかもしれません。

寝入るまま真っ暗にして寝るのが一番いいのですが、一緒に寝ている家族の希望で、真っ暗に出来ないとか、なんらかの事情でほんのり明かりがいらっしゃる等あるかと思います。
眠りに導いてくれる脳から分泌されるホルモン、メラトニンは物悲しい状態であればあるほど、それほど分泌されるのです。
例え目をつぶっていたとしても、まぶたはかなり皮膚が無いので、明るさを感知してしまう。
それで、アイマスクの着用が必要になってくるのです。
アイマスクをすると随分光がいらっしゃることはありませんので、メラトニンの分泌が促進されて良く眠れるようになります。
また、夜寝入るときの決まりのようにアイマスクの着用を日課にすると、アイマスクを付けただけで寝るモードに入りますから、寝付きも良くなると思います。

現代は、パソコンやスマホを絶えず訴える事が多いですよね。
たえずブルーライトを浴びていますし、目もかなり疲労している。
そういった時もアイマスクは助けになります。
殊にホットアイマスクがいいでしょう。
ホットアイマスクは目や目の周辺を温めてもらえる。
そうすると目の周りの筋肉がほぐれ、血行が良くなります。
これは目だけではなく、目の周りの美容にも役に立ちます。
疲れによる目の下のクマも改善してくれますし、しわにも効果があります。
しかも、目をじわっと温めてると、副交感神経が高まりリラックスするので、安眠をさらに促してもらえるよ。

ホットアイマスクでなくても、アイマスクは、基本的にいかなるものを選んだら良いのでしょうか。
意外と完全に光をシャットアウトして受け取るものです。
ですので、きちんとない生地によるものは、うっすら明かりを感じてしまうかもしれないので、本当に厚手の物を選びましょう。
そして、自分の顔の凹凸に合った、フィット感のあるもの、着けたまま違和感のないものにしましょう。
寝ている間に、アイマスクの感じを気にしてしまうようなら、寧ろ安眠を妨げてしまいすので、一言でいえば、着け心地が良いものということになりますね。参照サイト