マタニティ筋トレ・自転車は危険?

妊娠中の運動やマタニティ筋トレなどは、はなはだ必要だと言われています。
そこで自転車での運動について考えてみましょう。
結論から言うと、ぜひとも乗っかるのはおすすめできません。
とにかく妊娠中期から後期になってお腹が大きくなると、自転車を漕ぐときに太ももがお腹当たって圧迫することになるのです。
またハンドルにお腹が突き当たり易く、ハンドルも自由に切り回すことができず自転車の運転にも危険が及びます。
乏しい子供がいるママなどは、出産ぎりぎりまで自転車に乗っているということがあるようですが、妊娠後期には絶対に自転車に乗らないようにください。
妊娠初期も転倒のリスクが何とも良いことから、さほど良くないと言われています。
妊娠初期は黄体ホルモンが多く分泌されることから、体温が少々高めになってボーッとすることもあり、横道から出てきた車に気づかなかったりなど、うっかりミスによる横転や事故の危険もあるのです。
また自転車は思ったより振動があるため、妊娠初期も避けた方が良いと言われています。
自転車はがんらい骨盤を備え付けると良い運動になると言われていますが、サドルの形やメンテナンスの状況によっては逆に骨盤がゆがむとも言われているのです。
当然お腹が大きくなり、注意しながら乗っかる結果骨盤がゆがむ原因にもなります。
しかし妊娠に気づくのは大体妊娠3〜4週頃生理が欠ける結果妊娠に気づくことが多く、気づかないで自転車に乗ってしまったということもあります。
この時期は受精卵が着床できるかどうかという時期なので、この時期に気づかずに自転車に乗ってしまったからといって、それほど転倒したりしない限り流産にはつながらないので不安を持つことはやめましょう。
ただし妊娠したと分かったら、やはり危険が多いので自転車に乗っかることは削るべきだと考えましょう。
また妊娠初期になんとなく自転車に乗らなければならない時折、やっぱ凸凹道を遠退け、段差のあるところはゆるゆる注意して通り過ぎるようにしなければなりません。
また自転車の転倒が多いのはやっぱ雨や風の日と言われているので、悪天候の日には乗らないようにすることも大切です。
そしてあとは自分の責任として乗じるか乗らないかを決めることになりますが、後ほど後悔しないように注意してほしいものです。http://www.infosikh.co.uk/