ダイソン

コードレスバキュームクリーナーと言えばこれ、というほど世間の知名度のおっきい人気商品が「ダイソン」のコードレスバキュームクリーナーだ。
コードレスなのに際立つネームバリューを誇るバキュームクリーナーとして以前に登場して依頼毎年のように新商品を発売しています。
サイクロンバキュームクリーナーの先駆けとしてもバレるバキュームクリーナーだ。
コードレスバキュームクリーナーを使ってみようと思ったとき、意外と比較の対象となるのがダイソンと国内メーカーのバキュームクリーナーです。
ここでは一層ダイソンのコードレスバキュームクリーナーについてその特徴と魅力、国内メーカー品との比較を紹介したいと思います。

ダイソンのバキュームクリーナーが臨める一番の魅力は「ネームバリューの強さ」にあります。
ダイソンを使ったら他のバキュームクリーナーではもう一度物足らなくなってしまうと言われるほど際立つネームバリューだ。
しかし今まではその分、音がうるさいとか、本体が思いとか、バッテリーの稼働時間が少ないといったマイナス評価も聞かれました。
それが毎年のように少しずつ改良を繰り返し問題を解決してきています。
以前はジェット機みたいな音が手強いと言われていた騒音も、2018年発売の商品では当初のものに対して半分も低減されて静かになったそうです。
2016年以降に発売されたV8〜V10の騒音レベルを見てみると74dB〜84dBと運転モードによる違いはあるものの、地下鉄の車内レベルとなんとも抑えられてきました。
他社の音が静かなコードレスバキュームクリーナーは60dBを下回るので、それと比較するとダイソンは引き続きやかましいと感じるかもしれません。
しかし従来モデルから比べれば結構低減されているので、今後も一段と騒音は低減されていくと思います。

次にバッテリーについてだ。
ダイソンでは満充電した場合、強モードでの連続運転時間は約8分だ。
国内メーカーの中でも一番バッテリーが長く助かるコードレスバキュームクリーナーと比較すると、三菱の「iNSTICK」が15分ですからダイソンはそれよりも少ないだ。
強モードではなく標準モードで比較していると、国内メーカーのものは半前後使えますが、ダイソンでは最長40分使うことができます。
これにネームバリューの強さをプラスすればダイソンの評価も上がると思います。

次に重さについて比較してみます。
ダイソンの場合、V6が2.1kgととにかく軽々しく、V7は2.47kg、V8は2.61kg、V10は2.58kgあります。
国内メーカーの中でも軽量な商品を見てみると1.5kgくらいしか薄いためそれと比較すると苦しいと思います。
しかしその他の国内メーカーのコードレスバキュームクリーナーを見てみると2kg台前半のものも多いので、ダイソンはほんの少し酷い程度ということになります。https://www.lelystaddezeweek.nl/